ブログトップ | ログイン
カテゴリ:活動のご報告( 184 )
私たちの活動が学研出版から学校本として出版されました
d0245543_1714567.jpg
d0245543_172183.jpg



東日本大震災 伝えなければならない100の物語 全10巻

【第8巻】広がりゆく支援の輪の中で私たちの活動が紹介されました

※この本は学校本と云って、全国小学校にある図書館に置かれる本となりますが、一部Amazonでの販売もある様です ご興味のある方はご覧になって下さい。
by heart-project | 2013-02-17 16:46 | 活動のご報告
第2回 東北大震災受難者鎮魂コンサート「和の輪」開催のお知らせ
d0245543_13383486.jpg

ハートプロジェクト羽田・表参道が行われていた頃、積極的に活動頂いていたボタンアコーディオン演者安西創さんが主催し東北大震災受難者鎮魂コンサート「和の輪」が今年も開催されます。
昨年同様、安西さんを始め大勢のミュージシャンの方々が参加されとても楽しいコンサートになりなりそうです。
お時間のある方は是非足をお運び下さい。

詳細
第2回 東日本大震災鎮魂コンサート「和の輪」

日時・2013年3月11日 6時半開場 7時開演

会場・「東方芸術ホール」東京都江東区亀戸6-17-2(総武線亀戸徒歩3分・秋葉原から4駅)

入場無料(義援金の寄付をお願いします)

出演予定(順不同・敬称略)

美雲(Vo)、飯塚健太(Cl)、更井さおり(Pf)、得能健嗣(Pf)、北澤幸(声楽家)、児玉ゆかり(Pf)安西創(Acc)ほか

コンサートについてのお問い合わせはこちら
安西携帯090-6656-4539
ブログ http://anzaihajime.com/diary/
Twitter http://twitter.com/ANZAI_Hajime


地図

by heart-project | 2013-02-17 13:40 | 活動のご報告
【テレビ放送のごあんない】
昨年夏ハートプロジェクトが写真洗浄をお手伝いさせて頂きました
閖上地区の【思い出探し隊 代表:新井さん】が以下の予定で番組に出られます。
宜しければ是非ご覧ください。

放送局:NHK BS-1

番組タイトル:TOMORROW beyond 3.11「マイケル・サンデル~震災を語り合う」

放送日 再放送など:
■7/17(火)14:00~14:30 ■7/21(土)15:00~15:30
■7/23(月)深夜 3:00~3:30 

★本番組は、ハートプロジェクトで活躍して頂いていた、西村美佳子さんの御主人様がディレクターを務め制作されたものです。

番組について詳しくはこちらへ→http://www.nhk.or.jp/ashita/tomorrow/



以下の内容はNHKの御案内です


d0245543_12192421.png

d0245543_12202587.png


d0245543_1221223.gif毎週火曜 午後2時00分~2時30分、
(再)毎週月曜(日曜深夜)午前3時00分~3時30分
d0245543_12212057.gif毎週月曜 午前11時30分~午後0時00分(日本時間)

d0245543_12234017.png

“TOMORROW”は日本を愛する外国人が震災後の日本を旅して、
明日の復興に向けて歩み始めた日本の姿を伝えるドキュメンタリー&紀行番組。

番組では、復興に向け立ち上がろうとする人々や、未来に向かって進もうとしている人々に焦点をあてます。
今の日本の姿を海外に伝えていくことで、日本への誤解や風評被害の払拭も目指します。
日本各地を旅するのは、日本を愛する外国の著名人たち。
ミュージシャン、俳優、デザイナー、学者など、世界的に活躍する彼らが、さまざまな視点から今日本を見つめます。
取材する場所も被災地はもちろんのこと、それ以外の地も訪ね、日本を元気づけようと頑張る人たちを幅広く見つめていきます。
d0245543_12241356.png
d0245543_12271166.png


来訪地域:東京、福岡

ハーバード大学で政治哲学を説くマイケル・サンデル教授は、震災直後から「ハーバード・フォー・ジャパン」を組織し、日本のためにチャリティー活動を行ってきた。
今回、教授は震災後初めて日本の大学で講義をし、震災後、前よりも未来について肯定的になったかなどの議論を展開する。
そこに、被災地のボランティア団体代表と、津波で家族4人を亡くした人物が参加。
被災者が現在抱えている心境を吐露する2人に、福岡の学生たちが耳を傾ける。
「復興」という言葉に抱く気持ちにすらギャップがあるという事実を知り、自分で考え、意見を持つことの大切さに気付いていく。

d0245543_1228118.jpg

by heart-project | 2012-07-17 12:29 | 活動のご報告
チャリティ終了のご報告(on and on 佐野さまより)
チャリティ終了のご報告(on and on 佐野さまより)

d0245543_14384275.jpg


4月20日から5月13日までの有楽町ロフト、5月19日から6月1日までの天神ロフト「カメラマーケット」にて開催しました「写ルンですチャリティーオークション」ですが、私どもの想像を超えるたくさんの方々にご参加いただきましたこと、とても嬉しく思います。本当にありがとうございました。

オークションの結果は、開催しました有楽町ロフト・天神ロフトの店頭にて発表しています。今回の収益は、まだまだ復興への道のりが遠いという名取市で活動されています写真洗浄ボランティア「思い出さがし隊」に全額寄付させて頂きます。心よりお礼申し上げます。

写ルンですチャリティーオークションは、東日本大震災でたくさん残ったフィルムカメラ全盛期の大切な写真をきっかけとして「写ルンです」を通じて、フィルムカメラで撮ることやプリントする楽しさなどを少しでも身近に感じてもらえればと思い企画しました。今回のイベントをきっかけに「写ルンです」をはじめとして、さまざまな写真をプリントする楽しさなどを感じて頂ければ幸いです。

これからも被災地の復興に少しでも協力できるような活動を続けて行きたいと思いますので、今後ともよろしくお願い致します。
by heart-project | 2012-06-08 14:59 | 活動のご報告
有楽町ロフトで【on and on】主催チャリティー企画(ハートプロジェクト協賛)が開催されます
4/20~5/13まで有楽町ロフトon and on主催のカメラマーケットが開催されます。その中で下記のようなチャリティー企画があります。15人の著名人が「写ルンです」で写真を撮ったものをフォトブックにしてチャリティーオークションを行います(サイン入りの撮り終わった写ルンですケース付:ネガは含まれません)チャリティーの収益はすべて名取市ゆりあげで活動している写真洗浄ボランティア「思い出さがし隊」に寄付させていただきます。ハートプロジェクトも協力しておりますので、お近くの方はぜひお立ち寄りください。(好評に付き、福岡天神ロフトでも開催予定です)

d0245543_1584288.jpg



d0245543_18215147.jpg

d0245543_1811479.jpg

d0245543_18115942.jpg


01 麻丘めぐみ(歌手・女優)
02 赤塚信彦(ファウンダーヌードジェエリスト)
03 石井岳龍(映画監督)
04 伊藤香緒(女優・美容家)
05 石坂優子(ミス・ユニバースジャパントレーニング講師)
06 金澤薫(ラジオパーソナリティ)
07 香西かおり(歌手)
08 小林孝至(元レスリング日本代表)
09 紗々(モデル・人気ブロガー)
10 角盈男(野球解説)
11 西島千博(バレエダンサー)
12 信田美帆(元体操日本代表)
13 藤崎奈々子(タレント)
14 益子直美(スポーツコメンテーター)
15 柳沢超(俳優)

             (敬称略)

【on and on 佐野代表からのメッセージ】
2011年3.11以降、被災地ではさまざまなボランティア活動がおこなわれています。そんな中、「写真洗浄ボランティア」という活動が各自治体でおこなわれていることをご存知でしょうか? 被災地で復旧活動にあたった自衛隊員は、拾得物の回収にもあたっていました。彼らが最も多く持ち帰ってきたものは、貴重品でも、パソコンでもありませんでした。被災した方々の思い出が詰まった、写真やフィルムだったのです。

今回のチャリティー企画は、著名人のみなさまに、レンズ付きフィルム「写ルンです」で写真を撮っていただき、それをフォトブックというアルバムにします。これにも理由があります。写真洗浄をしていると、2000年以降の写真があまりプリントされていないことに気付きました。理由は明白。フィルムからデジタルカメラへの時代へと移行し、写真をプリントするという文化が消えようとしているからです。パソコンやCDに保存された画像データを発見するのは事実上不可能ですし、一度水に浸かってしまえば、データはダメになっていることでしょう。逆に最も多く写真が見つかったのは、レンズ付きフィルム「写ルンです」等の1993年前後の写真です。気軽に撮れ、なおかつフィルム・プリントという、物質として残るというのは、当たり前のようで実はとてもかけがえのないものだったのです。

震災に限らず、このままだと、写真やアルバムが残らない子供たちがたくさん出てくることでしょう。今回のチャリティーを通して、少しでもフィルムで撮ること、プリントすることの楽しさが伝えていけたらと考えています。何が撮れているかわからないワクワク感、失敗したときの落胆…。でも、失敗写真でもどこか愛おしくなるのがフィルム写真の素晴らしさです。

今回の写真チャリティーで得た収益金は全額、名取市で活動している写真洗浄ボランティア「思い出さがし隊」に寄付させていただきます。
ぜひ、みなさまの温かいご支援をお願いいたします。

フィルム写真復興委員会(協力:ハートプロジェクト)
by heart-project | 2012-04-25 14:16 | 活動のご報告
閖上小学校写真展示場を訪問して来ました。
閖上小学校写真展示場を運営されている思い出探し隊代表  新井さん にお会いしてきました。
d0245543_153537.jpg
【訪問の目的1】

■ハートプロジェクト運営資金の最終残金、全額を思い出探し隊に寄付する為(運営資金の原資はハートプロジェクト運営会社(株)タカノや多くの企業様・個人様からの支援金や参加された方々からのカンパで賄われていました)

■ハートプロジェクトを支援して頂いた長岡創寫館様主催の写真イベント【手をつなごう~家族の絆~写真展】プロジェクト収益金を当プロジェクトが代わって寄付する為

■ハートプロジェクト羽田・表参道が行われていた昨年の7月~9月頃積極的に活動頂いていた音楽家 安西創さんが主催し3月11日に行われた、東北大震災受難者鎮魂コンサート「和の輪」で集まった募金を当プロジェクトが代わってお届けする為

【訪問の目的2】

■2011年9月より活動して頂いたハートプロジェクト東京工業大学・東京横浜独逸学園の供養写真を閖上の地で写真供養祭を行う為

以上の目的で3月28日に現地へ行って参りましたので写真と共にご報告致します

大きな体育館には、ハートプロジェクトが洗浄した写真や私達と同じ志を持つ全国の写真洗浄ボランティア様が救済した写真が展示されていました。

当日は暖かく午前中より10名位の方が来られていたそうです。到着した時も2名の方が写真を探していらっしゃいました

d0245543_15322947.jpg
d0245543_15301016.jpgd0245543_15310100.jpg
d0245543_15363930.jpg















会場の壁には、全国のプロジェクトから届いた応援メッセージが飾られていました。
新井さんは全国の方が応援してくれいる証が閖上の方々の励みになると言って頂きました。

ハートプロジェクトからお届けしたものも沢山張られてました
d0245543_15433849.jpgd0245543_15434487.jpgd0245543_1544466.jpgd0245543_15441112.jpgd0245543_15451718.jpgd0245543_1547092.jpgd0245543_15471173.jpg
d0245543_15472399.jpg














































代表 新井さんへ 寄付金をお渡し致しました
d0245543_1612982.jpg

ハートプロジェクトより、150,000円也を寄付致しました
d0245543_1621864.jpg

和の輪 代表 安西創様に代わって46,000円也を寄付致しました
d0245543_163260.jpg

長岡創寫館様【手をつなごう~家族の絆~写真展】に代わり46,612円也の寄付金とイベント会場で皆様から頂いた大きな寄せ書きを贈らせて致しました 
d0245543_1684710.jpg
d0245543_16854100.jpg

以上、合計242,612円也をハートプロジェクトを通じ閖上 思い出探し隊様にお渡し致しました


その後、3.11 当日の様子を伺いながら小学校の教室を拝見しながら校舎屋上に向いました


あの時間から止まった時計
d0245543_1619029.jpg


90センチ以上の津波が来たそうです
d0245543_17205159.jpg


競輪選手をされている大勢のボランティアの方々が少しでも早く再開させようと4日間で綺麗にしてくれたそうですが此の校舎での授業はもう行われないとの事です
d0245543_1620219.jpg
d0245543_1620261.jpg


学校の屋上からの風景です。ここで沢山の家や車そして船が流される様子を非難された方々と子供達が見ていたそうです
d0245543_1732931.jpg

その後、14人の中学生が卒業式の日に亡くなってしまった閖上中学校の慰霊碑を訪れました。

校舎入り口に建てられた慰霊碑
d0245543_162218.jpg


その横に置かれた机には胸がつまる言葉が書かれていました
d0245543_1623129.jpg
d0245543_1623792.jpg

当日は卒業式を終え、学校の500mほど先の公民館で謝恩会を行っていたそうです。公民館には100名ほど生徒が集まっていて、津波が襲ってくる中、大勢の方が中学校に走ったそうですが卒業生の中の14名の生徒は逃げる事ができなかったそうです。


学校の校庭には、まだ船が
d0245543_16291394.jpg

3月11日の慰霊祭に贈られた灯篭 ハートプロジェクトメンバーからも贈られたそうです
d0245543_1754577.jpg

もうひとつの行事 写真供養を行う 日和山向いました
d0245543_16362921.jpg


日和山は小高い山で、お寺や神社も被災してしまった閖上の方々がお参りに来れる様にと此の地に慰霊碑を建てたそうです

東京工業大学様・東京横浜独逸学園様が行っていた写真を故郷に帰り、ご供養を行いました。
d0245543_16585328.jpg
d0245543_1659246.jpgd0245543_16591238.jpg
d0245543_16591971.jpg

閖上の方々の一日も早い復興を心よりお祈りいたします。そしていつもいつも閖上町の事を思い続けて参ります。
d0245543_1701036.jpg


ハートプロジェクト 代表 高野 徹也
by heart-project | 2012-03-31 19:00 | 活動のご報告
陸前高田の報告
陸前高田の報告 (大久保卓勇さんのご報告です)

2011年の大晦日、まずは宮城県名取市閖上の展示場を訪れました。
着いたのは夕方の3時半を過ぎていました。数名の方が思い出の品を探している中、新井さんは1人で見守っていました。

d0245543_8461481.jpg



私たちが訪れることは言っていませんでしたので、大変驚きまた喜んで下さいました。

ハートプロジェクト鶴見そして茅ヶ崎の寄せ書きが並んで体育館に貼ってありました。

d0245543_8463183.jpg



漏水のため断水、電気も暖房も無い厳しい状況でした。写真や思い出の品たちを見守ってくださっている新井さんをはじめ、皆さんの努力にただ頭が下がりました。
年末年始に多くの写真たちが持ち主の方のもとへ戻ることを願いつつ、新井さんと再会を誓い、宿泊地の気仙沼へ向いました。

今日は陸前高田では追悼の花火大会が行われるとのことで、夜遅く陸前高田に向いました。
花火は気仙川のそば、竹駒地区で打ち上げられることを聞いていたので、大船渡線・竹駒駅に行きました。海岸から4キロ弱はあるかと言うこの駅まで、津波で駅舎が無くなっていました。
夜11時から花火が始まりました。ひときわ山間に響く花火の音、静かに見守る人たち。

氷点下の花火のことを私は一生忘れないでしょう。

d0245543_8465032.jpg



元旦、気仙沼の初日の出を安波山から拝み、北野神社で初詣をした後、陸前高田市の思い出の品展示会場へ向いました。鶴見で皆さんが綺麗にして下さった写真を持って・・・

d0245543_847568.jpg



9時前に到着したのですが、すでに関東(静岡!)からボランティアで来ている3人が掃除をしていました。
私たちも掃除や展示のお手伝いをしつつ、10時にはりす会の方そして思い出の品担当の秋山さんが到着。すでに写真を探しに来られている人もあり、コンテナ2個分の展示場は人でいっぱいでした。
すでにリコーさんがデジタル化した写真データをパソコンで検索するシステムが稼動しており、若い人を中心に効率的に写真を探していました。
一方、お年寄りなどパソコンを扱えない方もいらっしゃいます。写真の状態が悪くなっていく中出来るだけ「現物」をお返ししたい・・・という現場の切実な気持ちも知りました。

やや高齢のご婦人が写真立ての写真を見つけ、本当に嬉しそうにしていました。
この写真しかないから、(砂だらけの)このままでもとても良かった。と話していました。

私たちは「写真は洗浄して綺麗にお返しする」という概念に囚われすぎていたのかもしれません。
「画像が洗浄して消えそうなら、洗浄しないで残す方法を考えよう」
「ベストは無いがよりベターを模索していく」
「現場での混乱を少なくする方法を、ボランティアそれぞれが連携してとっていく必要がある」
など、皆で話し合いました。

私たちはこの日、ハートプロジェクトで取り組んだ写真を、展示可能な状況に再装丁しなおして終わりました。インデックスプリント、アルバム表紙をポケットアルバムに貼り付け1組として展示するのです。展示している中でそれぞれがバラバラにならないためです。

展示場は場所によって状況が違います。まずは現場を知ること、と改めて教わりました。

d0245543_8472624.jpg



2日間のお手伝いもあっという間に終わり、世間話をしながら「あの高田松原の一本松はここの方たちの希望の木だったのしょうね」と私が言いましたら秋山さんは「そうですね。でも希望はあの松だけではないですから」と話されました。


d0245543_8474460.jpg



人が人を想い行動する。その力があればそこに希望が生まれる、と教わった気がしました。
また、東北の人に力と勇気をもらいました。

ハートプロジェクト鶴見Phase2に参加してくださったみなさん。
みなさんの努力と気持ちは確かに宮城県名取市閖上と岩手県陸前高田市に届きました。

そしてそれは、希望というかけがえのない力になると信じます。

これからも陸前高田、閖上、気仙沼をはじめ、東北に行きます。
東北の人たちと街が、大好きですから。

d0245543_848318.jpg



みなさん、ありがとうございました。
大久保卓勇
by heart-project | 2012-01-13 08:42 | 活動のご報告
ハートプロジェクトの活動は12月31日をもちまして終了致しました。
4月30日より大勢のボランティアの方のお力を賜り、宮城県気仙沼市・山元町・陸前高田市(一部)・名取市閖上(ゆりあげ)の写真救済を行って参りましたハートプロジェクト東京・神奈川地区は平成23年12月31日をもちまして活動を終了致しました。

皆様の優しい思いで丁寧に救済した写真は、各地の展示場で持ち主の方に日々お返し出来ていると聞いております。中でもある地区では1日80%を超える程の持ち主様との出会いがあったとの嬉しい御報告もありました。

私達の活動は終了いたしましたが、東北地方の方々を愛する気持ちには変わりません。私達は復興する日までいつまでも、いつまでも思い続けて行きたいと思っております。

最後に御参加頂いた推定3,000人を超えるボランティアの方々、活動にご賛同戴き御支援御協力を賜りました企業様・学校様・個人様、そして活動を円滑に行って頂きました各地区のチームリーダー様、心より感謝申し上げます。


尚、ハートプロジェクト長崎静岡は2012年も活動を継続する予定です。
お近くの皆さまは是非ご参加、御支援を賜ります様、心よりお願い申し上げます。

皆様、本当に有難うございました。


ハートプロジェクト 代表 高野徹也


d0245543_13451728.jpg

by heart-project | 2012-01-09 10:35 | 活動のご報告
【ハートプロジェクト】活動報告のインデックスです
d0245543_1043871.jpgハートプロジェクトの活動報告のインデックスです。活動場所をクリックすると活動場所の概要に、日付をクリックすると活動報告の記事に移動します。リーダーをつとめてくださった皆さま、ご報告ありがとうございました。


陸前高田の報告

写真救済サミット参加報告(12/1)

ハートプロジェクト:横浜鶴見市場 フェーズ2ファイナル
11/3 11/5 11/6 11/9 11/12 11/13 11/16 11/19 11/20 11/23 11/24
11/26 11/27 12/4 12/7 12/11 12/15 12/17 12/18 12/21 12/23 12/24 12/25

ハートプロジェクト:茅ヶ崎
9/23 9/24 9/25 9/26 9/27 9/28 9/29 9/30 10/8 10/9 10/10 10/15 10/16
10/22 10/23 10/25 10/29 10/30 11/3 11/5 11/6 11/12 11/13 11/19 11/20
11/22 鶴嶺高校 11/26 11/27 12/3 12/4 12/8 12/9 12/10 12/11
閖上レポートⅠ


ハートプロジェクト:東京工業大学
9/14 9/21 9/26 9/28 10/12 10/15 10/19 10/26 10/29 11/2 11/9 11/16 11/19 11/23 11/30 12/3 12/7

ハートプロジェクト:福井
11/10 11/12 11/13 11/19 11/20 11/23 11/26 11/27

ハートプロジェクト:長崎
活動報告

ハートプロジェクト:静岡
活動報告

ハートプロジェクト:東京横浜独逸学園
9/26 9/28 9/30 10/1 10/3 10/5 10/17 10/21 10/22 Oktoberfest

ハートプロジェクト:駒場東邦
9/21 9/23 9/24 9/25

ハートプロジェクト:早稲田大学本庄高等学院
9/17 9/20 9/24 9/26 9/29 9/30 10/1

ハートプロジェクト:表参道
7/16 7/23 7/30 8/6 8/7 8/11 8/12 8/14 8/13 8/15 8/16 8/20 8/21 8/23
8/26 8/27 8/28 8/29 8/30 8/31 9/3 9/4 9/10 9/11

ハートプロジェクト:羽田・ANA
7/2 7/3 7/9 7/10 7/17 7/18 7/23 7/24 7/30 7/31

ハートプロジェクト:横浜鶴見市場
4/30 5/1 5/14 5/15 5/21 5/22 5/28 6/4 6/5 6/11 6/12 6/18 6/19 6/20 6/25 6/26 6/30 7/1 7/67/8 7/9 7/13 7/18 7/20 7/22 7/23 7/24 7/27 7/28 7/29 7/30 7/31


【リーダーを務めてくださったみなさまへのお願い】
活動報告や写真を送ったはずなのに掲載されていない場合はご連絡ください。また、以前のものでも、活動報告を送っていない分がありましたらぜひご送付ください。よろしくお願いいたします。


【ハートプロジェクト:写真洗浄マニュアル】
ハートプロジェクトのリーダーの皆さまのご協力によりできあがった写真洗浄マニュアル(二宮良太さん作成)を11/1から公開しています。
     PDF版ダウンロード(リンク先HPより)  
     JPG版(画像で見られます)  
by heart-project | 2012-01-09 10:34 | 活動のご報告
【ハートプロジェクト:横浜鶴見市場 フェーズ2】12月25日の活動報告です
長い間続いてきたハートプロジェクトも、今日が最終日となりました。
東日本大震災から9ヶ月、今年のクリスマスには、たくさんの人たちが
東北の人たちへお写真を綺麗にしてお返ししようと集まって下さいました。
主催の高野さんも参加していただきながら、写真の洗浄を3件、アルバムの装丁を約80冊分仕上げました。陸前高田からお預かりした148件、143人分のお写真はすべて綺麗になりました。
12月の参加者はのべ約170名でした。会場の撤収作業もあり、借りたときより綺麗にして返しましょう!を合い言葉に、石田様からお借りしたお宅を片付け・掃除と皆さん頑張ってくれました。
d0245543_19551666.jpg


閖上の「思い出探し隊」の新井さんが、午後に会場にあいさつに来て下さいました。閖上の現状や、写真返却への展望、東北と私たちの「つながり」の大切さ・・・などを、お話して下さいました。
また、名取市市長からの感謝状を託されてこられたとのことで、代表の高野さん、ハートプロジェクト茅ヶ崎、同鶴見の3名が感謝状を受け取りました。
これまで参加してくださった皆さま、高野さん、PHOTO TAKANO+のスタッフのみなさん、リーダーを努めてこられた西村さん、辰巳さん、熊谷さん、仲尾さん、久保さん、これまでハートプロジェクト各会場のリーダーのみなさん、そしてこの会場を無償でご提供いただいた石田様、技術・物資ともに全面的にバックアップいただいたフジフィルム(株)様、関わって下さった皆さま全員に、授与された物であります。
これまで以上に、東北との深いつながりを確信させて下さいました。ありがとうございました。
d0245543_19531733.jpg


お写真のアルバム装丁、会場の撤収と大掃除が終わり、高野さんからのクリスマスプレゼント
「洗浄のメリークリスマス・大抽選大会」が行われ、ハズレくじなしの豪華な景品を皆さんGET!されていました。
d0245543_19533468.jpg


最後に皆さんから感想を一言ずつ頂きました。
困っている人を想い、行動して下さる皆さん。
辛い状況を想い、涙を流して下さる皆さん。

ハートプロジェクトは、優しい皆さまの気持ちでここまで続けることができました。
きっと、人を思う気持ちは伝わります。そして、それは希望の力になります。
d0245543_19535260.jpg


人を想う行動の地にて、再び会う喜びの日が来ることを願い、
皆さま本当にありがとうございました。
d0245543_1954939.jpg



大久保さんのご報告です
by heart-project | 2012-01-04 19:56 | 活動のご報告