ブログトップ | ログイン
【ハートプロジェクト:横浜鶴見市場 フェーズ2】11月27日の活動報告です
この日は記念すべき、写真たちの里帰りの日。閖上に第一便を送り出すため、21名が参加下さいました。

これまでの参加者のべ200名超。3週間以上コツコツ作業重ねて下さったお陰で見事に仕上がったアルバムが、2Fで次々箱詰めされ、所狭しと玄関に並びます。

一方1Fでは、キッチン、ガレージ、玄関外の3ヶ所同時開催の「冬の大洗浄大会」!
次の第2便で閖上へお返しするバラ写真をじゃぶじゃぶ、総勢18名強の洗浄部隊。最初はおっかなびっくり水に写真をひたしていた初参加の方々も、夕方ラストスパートでは、気迫みなぎる堂々たる洗いっぷりに脱帽。普段はもっと和やかに進めるべきところ、今回は時間に追われ気忙しい作業、また、大人数のため休憩室でゆっくり寛いでいただけないなど、皆さんには無理を強いてしまったなあと、事務局は反省することしきりです。これに懲りず、ぜひ次回は、より少人数でじっくり写真と向き合いながら進めていく、12月の作業にもご参加くださいね。
d0245543_15595399.jpg


今回、閖上に写真たちを連れて行って下さったのは、ハートプロジェクト茅ヶ崎の会場を提供下さっている足立さんご夫妻です。お昼すぎに車で到着、閖上まで長旅というのに、最終の箱詰めと特大寄書きの完成を、笑顔で快く待っていて下さいました。
特大寄せ書きの総監督は、11月に初参加以来、ほぼ皆勤賞でリーダーとして活動を支え続けて下さった久保さんです。寄せ書きよくみれば、ピンクのハートが笑っています。活動風景や集合写真のポラロイドで目・口をつくり、参加者の皆さんによる寄書きカードを貼ってあります。
寄書きカードは、東京都世田谷区の桜上水福祉園から購入しています。牛乳パック再利用で作った手漉き和紙のカードに、カラフルなスタンプや、お花やよつ葉の型押しが施されています。実はこれ、知的障がい者の方々が11月からずっと鶴見の活動のために作り続けて下さっているもの。一枚一枚てづくり、世界に一枚だけのカードです。
毎回受取りに行くたび、遊び心がどんどん足されて明るく伸びやかなカードの束が手渡されるのが、ひそかな楽しみになっている事務局です。

参加者お一人お一人が閖上の方へ心をこめてしたためた寄書きが集まり、こんなに大きなハートになりました。
翌日無事に足立さんご夫妻の手で届けられ、閖上小学校体育館の壁に貼られた大きなハートの傍らで静かに微笑む方が、この春から閖上での写真救済活動を続けてこられた現地ご担当の新井さんです。
新井さん、まずは第一便、無事に写真お返ししました!さあ次は第二便、沢山のバラ写真をお届けしますので待っていてください。
d0245543_160573.jpg

by heart-project | 2011-12-14 16:00 | 活動のご報告