ブログトップ | ログイン
【ハートプロジェクト:茅ヶ崎】閖上レポート3
【11/29(火)〜30(水)岩沼〜閖上〜南三陸〜荒浜】

d0245543_1257397.jpg


この日はとあるお手伝いをするため、今一度、閖上小学校へ。
その前に名取市よりも南にある仙台空港付近が気になったので車を走らせる。

d0245543_12572010.jpg

d0245543_12573010.jpg


仙台空港から海辺に出る。目の前には何も無かったように穏やかな太平洋が広がっている。
おそらくこの防風林ももっとたくさんあったのではないだろうか。
全ての木々が水の抵抗で同じ方向に傾いていた。

d0245543_12575774.jpg

閖上に向かう途中。瓦礫となった車の山。保管所は高校の校庭。

d0245543_12581526.jpg

舟が点在する閖上。

私たちは午前中いっぱい閖上小学校にいた。
その数時間の間に女性1名、男性1名が写真を探しに来られていた。


d0245543_12583246.jpg

小学校運動場の時計は津波が襲撃した時間で止まったまま・・・

閖上の写真洗浄は終わりを迎えようとしている。

新井さんはここの写真もデータ化を考えているとおっしゃっていた。
それも10,20年のスパンで。
その背景には今だけを考えるのでなく、いつか写真を探しに来られた時も出来る限りのお出迎えをしたい、という新井さんの気持ちが伺える。
ただそれには莫大な費用がかかってしまうという現実。何か良い手立てはないモノか。

色々な地区の展示場が閉鎖される中、新井さんはこの閖上だけはずっと続けていきたいと言う。一年間途切れてしまっては過去のモノになっていく。そうなって欲しくない。
今まで出会ったもの、繋がってきたものを途切れないでずっと継続していきたい。

それには我々が、手を繋いで東日本大震災を過去の事と封印せず、被災地のこと、被災者の方々の事を少しでも気にかけることが、継続の第一歩に繋がるのではないかと思う。

お忙しい中、新井さん、探しに来られたご主人、貴重なお話をありがとうございました。



30日、この日は南三陸町を視察。
地形が違うとこうも違うのか。
平野部だった名取とは違って、奥に行くほど被害が拡大していた。


d0245543_12585656.jpg

3階建ての屋上に車が・・・

d0245543_12592292.jpg


d0245543_1259386.jpgd0245543_12595039.jpg



そして舟も建物に乗っかっている。

そして帰路につく前に荒浜地区に寄る。
d0245543_1302295.jpg


貞山堀より海側

d0245543_1304752.jpg

殆どが取り壊されていて、今や基礎しか残っていない。


以上

足立賢明・恵美
by heart-project | 2011-12-13 12:33 | 活動のご報告