ブログトップ | ログイン
【ハートプロジェクト】 6月4日・5日・11日・12日の活動内容をご報告します
c0171694_14535822.gif

【ハートプロジェクト】 6月4日・5日・11日・12日の活動内容をご報告します
前回、気仙沼階上中の洗浄もほぼ終了したというお知らせをしていた翌日、現地の高井氏から50冊のアルバムを頼めないかとの依頼で2週に渡って洗浄作業を行いました。その時の模様をお知らせします。
高井氏からの依頼があり、すぐに募集をかけて、3日~4日で1日15名・計60名のボランティアの方々が決まりました。
お申し込み頂いてお断りしてしまった方には本当に申し訳ありませんでした。今週も募集していますので是非お申し込みお待ちしています。
6月4日(土)最高の洗浄日和
天気の良い日は気分も違うし、なにより写真がよく乾くという事で、ものすごいスピートで写真はがし→洗浄→乾燥→アルバム収納が出来25冊位のアルバムが綺麗になりました。
c0171694_1545399.jpg


c0171694_155449.jpg

c0171694_1551126.jpgきれいになった写真を新しいアルバムに入れて、どんどん出来あがっていきます。
c0171694_155194.jpg







翌5日(日)は、通常作業の他に大切なミッションが2つありました。
 当メンバーの佐藤 咲子さんが話し合っていた、宮城県・山元町にある大量アルバムを、洗浄しデジタル化する広大なプロジェクト【日本社会情報学会(JSIS-BJK)
災害情報支援チーム】
を束ねている大妻女子大学 准教授 柴田さん 神奈川工科大学 博士(学術)服部さんが当プロジェクトの視察と洗浄依頼について来られました。
我々の活動を見て洗浄の仕事を手伝って貰いたいとのお願いを頂き「微力ながら出来るだけやらせて頂きます。」と約束させて頂きました。
 もうひとつは、(CS)ディスカバリーチャンネルで使うドキュメンタリーの撮影、第一回目に来て頂きました。この撮影はある程度長期で行っていくとの事です。
c0171694_14253811.jpg






翌週6月11日(土)
先週の続きとなりますが、先週で大きな山は超えていたのでかなり余裕の工程でした。昼休みに当メンバーの山崎さんが差し仕入れを持って来ていただきました。それは、11日・12日のボランティアの皆様にと・・・・・ target="_blank">花の応援団さんから、とても綺麗な【ひまわり】を頂戴いたしました。花の応援団とは、 target="_blank">青山フラワーマーケットさんが立ち上げたボランティア団体で被災地に赴いて被災者の方に花を差し上げ【笑顔になってもらいたい】というとても素敵なプロジェクトです。そのプロジェクトにも参加されている山崎氏が休日にも関わらず私たちの為に訪ねて頂きました。
target="_blank">花の応援団さん・青山フラワーマーケットさん・そして花を配って頂いた山崎さん、本当に有難うございました。メンバー一人一人が受け取る時、太陽のようなひまわりを手にして自然に笑顔がこぼれておりました。【花の力を改めて感じました】
翌12日(日)
この日は、私達の活動の為に無償で立派な一軒家を貸して頂いている石田様に今までの活動報告と今後の予定をお話しをし、出来ればもうしばらく此の地で継続させて頂けないかとのお願いをする予定で11時にお会いしました。
石田様と引き合わせてくれた、メンバーの山口さん同席の元で、もうしばらくの間、活動させていただきたいとお願いをしたところ、気持ち良くこんなお話をして頂きました。
「この家は少し前から空き家で取り壊す事も考えていました。そんな中、今回の大震災、被災者の方に提供してみては、など考えていましたが、難しい事がわかり、何かして差し上げたいとの思いをつのらせていた頃、此の活動をしようとしていた山口さんが架け橋になり家を使って頂き幸せなんですよ、是非これからも使ってくだ
さい」と言って頂きました。私達としては、使っただけの電気料・水道料をお支払いしたいとプロジェクトで集めていたカンパを何度か差出しましたが、「これはいりません」と受け取って頂けません。それでは此方も困りますとの話で封筒の往復が続く中、「それでは、一度受け取りましょう・・・そして、これはあなた方へ私が
カンパします。」と言って頂きとうとう逆にカンパをして頂いてしまいました。
石田様には、本当に感謝しております。きっと此の活動もいつか終わりが来ることでしょう。その時に何かの形でお礼したいと心に刻み、宿題にさせて頂く事に致します。
最近恒例になりつつある、作業終了後のスピーチを聞かせていただいていると、メンバーの方々や前段でお話しした石田様、皆【利他心】に満ち溢れています。
思い出の写真をきれいにし、無くされた方の手に渡り、明日への活力取り戻して貰う手伝いをすることだけでなく、活動に携わっている全員の心も浄化できるとても素敵なプロジェクトである事を改めて感じました。
                                             思い出の写真を救おう ハートプロジェクト 世話役 高野 徹也
c0171694_13412182.jpg

6月5日(土)にご参加いただいた方々
c0171694_13422412.jpg

6月11日(土)にご参加いただいた方々
c0171694_13431957.jpg

6月12日(日)にご参加いただいた方々
お詫び 6月4日(日)の記念写真を撮り忘れました。【ごめんなさい】
c0171694_1544145.jpg
花の応援団さんからメンバーに頂いた元気なひまわり
c0171694_14121135.jpg

c0171694_1412753.jpg

全員で車座になってのスピーチが何となく恒例化してしまいそう。

by heart-project | 2011-06-11 10:16 | 活動のご報告